« 折り紙飲み会。 | トップページ | 最後のスコーン。 »

2011年12月 4日 (日)

スウェーデン好きの、とある休日。

10月も後半にさしかかっていた頃、
京都へ行っていました

素敵な名前のギャラリー、 månens kompisさんで開かれていた、『北欧でみつけた手づくりの暮らし京都展/セキユリヲ』の展示を観に

1人で行こうかと思ってたんだけど、
京都は私にとって近くて遠いところという感じの場所なので、
きっと1人で予定してたら、
なんとなく『やっぱりやめておこう』ってなりそうな気がして

誰かと約束してたら、そんなことないし、
スウェーデンみやげも、どんどん配り歩かないといけなかったので
さんに声を掛けてみたら、
ちょうど時間的に大丈夫だったので、ご一緒しました

303205_237555149635372_100001426678
わくわく

お写真は撮っていませんが、
内容も、ほっこり自然な感じで素敵だったよ


展示を観た後、
ちょっと遅めのランチ
307200_237568896300664_100001426678
美味しかったです


おみやげも無事に渡して、
旅の話やら、いろいろお喋りして、
たくさん笑って、Kさんはその後、京都でお友達の結婚式の二次会へ、
私は別のスウェーデン関係のものを観に大阪へ戻る予定だったので解散

箕面で、映画を観ることにしていたのです

あまり1日のうちに、いくつも予定を入れて移動するっていうことを、
普段は避けてるんだけど
この日は久しぶりに、けっこう移動したような気がする

ミツバチの羽音と地球の回転を観て来ました
こちらはお一人様で


環境問題や原発のことなど、
日本とスウェーデンを絡めながらの映画です。

Övertorneåという、スウェーデンの北にある街を初めて観て、知りました。

1983年、スウェーデンで最初に環境都市宣言をしたところなのだそう。
再生可能なエネルギーを使い、持続可能な社会に向け努力し続けている様子を観て、
いろいろと考えさせられました

スウェーデンが環境先進国であることや、その取り組みなどは、
ガイドブックでもよく見かけるし、私も見聞きしたことはあったけど、
この映画では初めて知ること、観ることがたくさんあって勉強になりました

10月の旅の最中にも、
スウェーデンの原発を何機か止めるというニュースがあって、
だから南の方では電気代があがるというのを聞いたりしていたばかりだったので、
興味深く観ました


とても驚いたのは、
普段、目には見えない電気にも、エコマークがついているということ

エコマークがついたものを買うか、ついていないものを買うか、
スーパーで物を買う時のように、消費者が選択出来るのだそうだけど、
更に驚いたのは、
エコマークのついたものの方が安いということ

私の中では、そういったものの方が高いというイメージがあったので、びっくり

電力会社は、エコなイメージを活かして、
電力を売るというだけでない考え方で進んでいるところも興味深かった


大好きなスウェーデンについて、
今まで知らなかったことを、また知ることが出来たり、
日本の問題についても、
よく知らなかったことを観ることが出来て、
いろいろと自分なりに考える良い機会でした


そんな帰り道。

殆ど来たことのない駅だったので(しかも行きは開演時間に間に合わなくなりそうだったので、タクシーに乗ったから駅からの道を知らない)、若干迷子になりつつ、無事帰宅


手工芸から環境まで、
スウェーデンいっぱいの1日となりました。



今日もありがとう。



                                伽音

|

« 折り紙飲み会。 | トップページ | 最後のスコーン。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。