« 北堀江から天王寺へ。 | トップページ | キルナ2日目。 »

2011年10月16日 (日)

旅日記、 出発からキルナ到着まで。

ものすごく間があいてしまいましたが、スウェーデンへ行って来ました

短い旅だったんだけど、
人に会う予定がいっぱいで、毎日とても忙しく、でもその分ものすごく楽しい旅をして来ました


途中、脱線して旅日記以外のことも書くと思いますが、
少しづずつ、
楽しかった時間を振り返りながら旅のことを書いていこうと思います

今日は、それの1回目。


今年の旅は、
当初マックス6人で行く予定だったのですが、
いろんな影響があったりして、お休みをとれなくなったり、
みんなそれぞれの都合が悪くなってしまって、結局本当に旅立てることになったのは、
私と、スウェーデン好き仲間のまこっちゃんの2人に

そんなわけで、
2人で出発してきました


まこっちゃんは福岡から大阪へ来てくれたので、
関空で待ち合わせ

004m
お決まりのお写真(まこっちゃん撮影
今回はフィンエアーで旅立ちました


たっぷり時間があるので、まだやりきれていなかった旅の相談もしつつ、
でもすぐに終わったので、機内冊子に目を通したり

で、ふと思いついて


011
描き描き(まこっちゃん撮影
紙コップの丸みが描き辛い
そして、ボールペンのインクがつきにくい


009
出来た
機内冊子のムーミンをお手本に描いてみたよ


飲み物を注いでくれるときとかに、
気付いてくれたクルーのおじさんが、すごく褒めてくれました

014
触発されたまこっちゃんも、描き描き

以前、まこっちゃんが沖縄に行ったときに、おみやげに手ぬぐいをくれたのですが、
その手ぬぐいを、今回の旅に持って来ていた私。
手ぬぐいに描かれていたPANTOUという、顔なしみたいなキャラクターを描いています

015
うまいっ

好評だったことで、調子に乗って、他にも作ってみました
021 023
旅の仲間が、もう1人増えたみたいでしょ


スウェーデンについてから、
お友達に見せたら、『よっぽど暇だったんだね』って言われた


で、スウェーデン着
025
無事に送り届けてくれてありがとう

まこっちゃんによると、フィンエアーのパイロットは戦闘機のパイロットだった方が多いらしく、腕が良い人が多いんだって


スウェーデンに到着したのは夕方だったんだけど、
私たちは夜の便でラップランドにあるスウェーデン鉄鋼がとれる町、キルナに行く予定だったので、そのまま空港でうろうろ
027
キルナに着くのが23時の予定だったので、先に夜ごはんを食べておこうってことで、
ヘルシーに、これを食べたよ

お店のお兄さんが親切で嬉しかった

今回の旅で、飛行機の中の人以外で、単語じゃなく文章で言葉を交わした記念すべき(?)第一スウェーデン人は、ここのお兄さんだったかも


去年もそうだったけど、
キルナへ飛ぶときは、飛行機のすぐ近くに行けます

029 030
それも楽しみのひとつ

今回はウメオという町に寄ってからキルナへ行く便だったので、
途中、ウメオに着陸

私の窓際側のお隣りには、きれいなお姉さんが座っていたので、
もしかして降りるんだったら、席をあけないとと思って、『ここで降りるの?』って訊いてみたら、英語で返って来た

でも、通じたから返してくれたんだと思って満足です
お姉さんは降りて行かれました


実は、お友達の都合で、先月途中くらいまではウメオで再会する予定で動いていたので、
『ここで会うかも知れなかったんだなぁ』と思って外を見ていたら、
032
おや、まこっちゃん
あれは何だい
ということになり。

『あれに乗ってみたいねーーー かっこいいねーーー』と盛り上がりました


飛行機の中には、あかちゃんも居て、
ずーーーっと
『Oj Oj(オイ!オイ!)』って言ってるコが居て、すごくかわいくておもしろかった

(説明が難しいですが、『あ~ぁ』みたいなときとか、『あ!しまった!』みたいなときとか、そういう、ふとした時に言う感じの言葉です


そして大好きな町、キルナに到着
035m まこっちゃん撮影

空港の建物の文字が変わっていたよ

2010_0328_192308043_3
こちらは去年のお写真(登場人物(?)に了承を得ていないので、目線を入れてあります

ね?
文字、変わってるでしょう


事前にコテージまで送ってもらえるように頼んであったので、
James(スペルがあっているかは、知らない)が来てくれていて、無事合流(アジア人が居ないので、向こうからしたら探しやすかったと思う

勉強のためにスウェーデン語頑張ってたら、
『ぼく、イングランド出身だから、英語でいいよ』って言われた

スウェーデン語勉強したいから、スウェーデン語がいいのよーーー

でも、とっても良いお兄さんでした


実は、今回泊るコテージには名前がなく
現地のタクシードライバーも場所を知らないだろうというところ

でも、とても素敵なところなのです

050 まこっちゃん撮影

お友達の会社がやっているコテージで、町まで出るには不便だけど、
オーロラを見るには良いし、自然がいっぱいで素敵だし、安いのです
最初、6人くらいで行くつもりだったのですが、2人以上なら1人当たりのお値段は変わらず泊れるということで、ありがたかった

中に入ってからもテンションあがります

Jamesが暖炉に火をおこしてくれている間も、あっちのお部屋、こっちのお部屋と見てまわっては『すごい』を連発

今回来られなかったお友達も、来られたら良かったのにねぇと、何度も何度も言いました。
本当に素敵なコテージだった

036 038
冷静に暖炉を使いこなせるようになった、まこっちゃんと、
アタフタする私


せっかくなので、中の様子を載せておきます

037 040
これが、入ってすぐにあるお部屋

043
奥にもお部屋がいくつかあります。


041
キッチン


041m
私が眠ったお部屋

ここに、シーツとかセットして下さってたのですが、1つを取って、まこっちゃんは、こちらのお部屋に
042
私が眠ったお部屋が一番良かったので、当初1日交代にしましょうって言ってたんだけど、

いざ始まってみたら、スケジュール盛り沢山で眠る時間もままならなかったため、
まこっちゃんが『ぼく、このままでいいですよ この部屋も好きだし』って言ってくれて
結局ずっと良いお部屋で眠らせてもらいましたスミマセン! アリガトウ!!


この他に、もう1つ寝室があって、
あとシャワーとトイレがあるところと、
脱衣所にもなりそうな、
冷蔵庫とか置いているお部屋と(冷蔵庫はキッチンとは別のところにあった)がありました

広いでしょう


047_3 051_2
コテージの外のスペースも素敵です

051

私たちのコテージの電気を消すと、本当にまっくらになるのです
だから、星が本当によく見える

到着してから晴れて来たので、コテージの前でオーロラチャレンジしてみましたが、この日は見えず、翌日のために寝ました


つづく



今日もたくさんありがとう。



                                   伽音


|

« 北堀江から天王寺へ。 | トップページ | キルナ2日目。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。