« ある日のフレイバー。 | トップページ | Mammas Mirakelと願掛けと、ふわり舞い上がるちょうちょ。 »

2010年9月28日 (火)

アンジェロ送別会。

あぁsign01
もうこんな時間bearing


今日はこの間のアンジェロ寺前くんの送別会のことをpen


studio FLAVORを後にした私は初めて通るルートで、送別会の会場となるパワフルドラマーキクマルさん宅へと向かいますtraindash

で、ちょっと降りるところ間違えちゃったりしたのでcoldsweats01
再検索eyesweat01
携帯って、なんて便利なんだろうと久しぶりに改めて思ったcoldsweats01


で、初めて通るルートなので、初めて降りる駅で乗り継ぎsubway
別の駅まで歩いて移動しないといけなかったので、迷子にならぬよう駅員さんに訊いてから外へ出ます。

そしてびっくりeyesign01

020
あ、暗過ぎて分からないかcoldsweats01


022
田んぼの真中に出ましたwobbly

同志社大があるところのようeye


立ち止まって眺めたり、

においを確認したり、

こんな風にお写真を撮ってみたりしながら乗りかえ駅へchick。。。


ちょうど授業が終わる時間だったのか何なのか、
わりと小さな駅なのに(改札もなんか違ったcoldsweats02)ホームには学生さんがいっぱいeyesweat01
若いエネルギーに囲まれて、なんか緊張しましたcoldsweats01


で、無事に目的地の駅に到着good
コイズミくんも、もうすぐ来る感じだったので、そのまま待って落ち合いますpaper

揃ってから、寺前くんに電話phoneto
迎えに来てもらって、キクマルさん宅へお邪魔しましたdoor

私たちは遅れて行ったので既に最初のお鍋はなく、たこ焼きパーティーになっていて(私、今お肉が食べられないので、良かったcoldsweats01)キクマルさんのたこ焼き、おいしかったeyesign03

私は、大阪人なのに、あまりたこ焼きをクルクルとひっくり返した経験が多くなくてcoldsweats01
キクマル師匠に見てもらいながら、ひっくり返してみたよsmile
褒められたshineshineshine


で、旅立つ寺前くんに何か贈れるものはないかなぁと、前もってコイズミくんと相談してたときに、以前お誕生日に曲を贈ったように、今回も曲を贈ろうflairということになり、でもレコーディングが間に合わずだったので、急遽キクマルさん宅でレコーディングさせてもらうことになりましたsmile
023 024
真剣な表情の(を作る)コイズミ氏bleah


なんと歌詞もコイズミ氏作wink

以前のお誕生日の曲のときもだったけど、その時は笑える歌詞だったので、すぐにその場で書けてたけど、今回はそういう路線ではないようだったので、大丈夫かなeye?と思ってたら、初めてだけど、すごく良く書けてて感心しましたgoodshine

で、それらの制作を待つ状態だったので、曲はこの日、この場で初めて聴いて録音coldsweats01
でも覚えやすい良い曲だったよwink


そして、そのラフなものを、みんなに聴いてもらってるときに、キクマルさんが寺前くんにドラム叩いてみるように言って、曲に合わせてみたりsmile
026
ドラムを叩くアンジェロ氏。


その後、キクマルさんが座りますchair
027
おぉeyeshine

違う曲に聴こえるsign01

028
アンジェロも納得のドラムsmile


こんな風に、一緒に音を楽しみながら集まれるって素敵だなぁって、この時思いながら眺めていましたshine

楽しいひとときだったhappy01


この日は、他に敏腕でおなじみのアラケンさんと、私はこの日がはじめましてのニゴロウさんが来ていて、後から女子ボーカルさんも来られたのですが、アイスを持って来てくれたlovelylovelylovely
029
美味しかったよーup


そしてあっという間に終電の時間になってしまいwobblysweat01
眠ってしまったアラケンさんとアンジェロ氏はお泊りするとのことで置いておいて、他のみんなは帰ることにtrain

最後にコイズミくんが眠っているアンジェロの頭をなでなでしたので、私も撫でて来ましたwink
100925_233029 アンジェロ氏の頭をよしよし中のコイズミ氏(の手・コイズミ氏撮影camera

100925_233037 私もよしよしwink(コイズミ氏撮影camera

寺前くんとは、私もSodaのサポートだった最初のライブのときから一緒で、本当にいっぱいお世話になっていて、コイズミくんともども、いっぱいお返しをしなきゃいけない人の1人なのですbearing

東京と大阪で、離れてしまうけれど、
これからの寺前くんの活躍がとっても楽しみupな私ですshine
そして、また東京へ行ったときには、きっと新居に遊びに行くんだnote

そんなわけで、これからもよろしくclover



今日もたくさんありがとう。



                                 伽音


|

« ある日のフレイバー。 | トップページ | Mammas Mirakelと願掛けと、ふわり舞い上がるちょうちょ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある日のフレイバー。 | トップページ | Mammas Mirakelと願掛けと、ふわり舞い上がるちょうちょ。 »