« 穏やかな一日。 | トップページ | 夏休みの旅は! »

2010年6月 2日 (水)

追憶。

自転車に乗って出掛けるとき、

近くの大きな公園の横を通って、緑が濃くなって来た木を眺めながら気持ちよく走っていたら
多分、虫がほっぺたにぶつかって、
ぎゃっってなりました


緑いっぱいのところへ行くと、必ず虫に出くわすわけですが。。。

虫が苦手

虫が大丈夫になったら、世界が広がるのに、、、と思うこともしばしば


おばあちゃんこだった私は、
小さい頃、お家の裏にあった、おばあちゃんの畑で、よく遊んだものでした。

お芋堀もしたし、草を抜いたりもしてた。

その頃は、虫は身近な存在で、怖いとか苦手って思ってなかったんだけど、、、
大きくなって、畑だったところに住宅が建つことになり
身近に居た虫と触れ合う機会が、ぐっと減ってから、苦手になっていきました

仕方ないけど、昔は大丈夫だったのに、もったいないな、とちょっと思ったり。

そんなことを考えながら公園を通り過ぎました



今日は、おばあちゃんの命日です。

小さい頃から、いっぱい一緒に遊んで、
私にいろんな影響を与えた、大好きなおばあちゃん。
自分の中の、ちょっとおてんばっぽいところとか、
上手く言えないけど、ずるしたくないところとか、多分おばあちゃんに似ているなぁと思います


私の日記の最後にいつも書いてるコトバも、おばあちゃんの影響

私はこれといった宗教を信じているわけではないけれど、
おばあちゃんは神棚だったり仏壇だったり、いつも拝んでいる信心深い人で、

私たち姉弟は、おばあちゃんの教えで、
いつも寝る前に
『今日も一日ありがとうございました おばあちゃんおやすみ』と言って寝ていたのです。

小さい頃は、深く意味を考えるよりも、
決まったことだから言う、という感覚だったんだけど、
おばあちゃんと離れて暮らすようになって、しばらくしてから言わなくなりました。

ふとしたときに、それに気づいて、
とてももったいないことだなぁと、大きくなってから、やっと解って、
それで、日記の最後に書くことにしたのです

今日一日の感謝と、あと、読んでくれた人への感謝の気持ちを込めて


003 007
そんなわけで、


今日もありがとう。



                            伽音


|

« 穏やかな一日。 | トップページ | 夏休みの旅は! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。