« くんくん。 | トップページ | 不器用。 »

2009年6月25日 (木)

涙の夕暮れ。

特に何があったというわけでもないのですが、
泣きたいと思っていたここ数日。


いっぱい笑うのがいいと思うように、ときどきは、いっぱい泣くのも精神衛生上とても重要なことだと思っています
そんなわけで、何か泣けるタイミングがないかと思っていたものの
バタバタしてると、そんな暇もなかったりで

昨日は夜中に、ちょっと時間を作って、優しい曲を聴こうと思ったんだけど、
なんだかスピーカーから曇った音が出てきたので諦めちゃった



で、今日は夕方、河原へ行ってみました  。。。
風が気持ちよかったから、癒されに行こうと思って

だけど、お散歩してる人とか居たりするし、泣きは出来ないだろうなぁと、
それに関しては半分諦めながら。



で、いざ河原へ行ってみると、思ってたよりは人が居なくて
Sn331638 目立たない端っこの方に腰をおろして、のんびりと景色を眺めてました

水面を魚が跳ねたり、鳥が連れ立って飛んでいったり
空が広かったり。
心地良い風に吹かれながら、そんな景色を眺めていると、涙がぽろぽろと出てきました

それから、また、おばあちゃんのことを思い出したりしてました。


泣くつもりはなかったんだけど、そんな風に自然に出てきて、
そしたら、気持ちが軽くなったみたい。
ちょっと、すっとした


涙を流したまんま、だんだん染まっていく空を眺めたりしてたら、
なんとわりと近くに、さっきすれ違ったおじさんが座って、同じく空を眺めてるようだった

もしかしたら、ちょっと心配して、見守ってくれてるのかしら
と、ちょっと思った

わりと目があったし、
よしもう帰ろう
と思ったくらいのときには、おじさんは居なくなってたから
おじさん、どうもありがとう。
もう大丈夫です

Sn331641 これは、頭の上にあった雲
なんだか、背骨みたいだと思って撮りました

まっすぐな背骨は、だんだん猫背になって、流されて向こうへ行ってしまったよ



そんなこんなで今日もとってもありがとう。



                          伽音

     



|

« くんくん。 | トップページ | 不器用。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。