« 巡る。 | トップページ | 想像損。 »

2009年5月28日 (木)

もうすぐですよー。

ちょっと、歌ってました
Sodaの曲じゃないけど、どんな風に歌おうか、どんな風に歌えるか。
でも、今日はなんとなく喉もお疲れのようなので、無理はしません
今日はもう終わり



さて。
この間スーパーに行って買ったでっかいプリン
Sn331576_2 小さい頃は、
『オトナになったら、バケツくらいのプリンを食べよう』とか、
『ケーキを1人で全部食べよう(1ホール)』とか、
『でっかいアイス(ファミリーサイズ)を1人で食べよう』とか、夢を見ていたわけですけれど。

予定のオトナになってみると、味の好みが変わったのか、甘いものを一気に沢山食べるというのが出来ない感じになってしまい
アイスくらいしか実践できていません

で、最近では大きなプリンが売ってるもんなんだなぁと、色んなところで見かけては『また今度、コンディションの良いときに、、、』とかって手を伸ばした事がなかったんだけど。
意を決して(?)手を伸ばしてみました

もっと大きなものもあるけど、あれもいつかチャレンジしてみたいなぁと思ったり、機会に恵まれなさそうだと思ったり。



まま、そんな感じで、今日は近づいてきたので今一度コピペさせてもらいます

****************************

TOMOYA MATSUURA EXHIBITION
『星霧 -seimu-』

09'5/29(Fri)~31(Sun)
KOBE ART VILLAGE CENTER

http://kavc.or.jp/

スピーカ-18個を使った立体音響での音像空間の創出。日常の聴空間にはない感覚により広大な空間を創造する。

場所:神戸市兵庫区新開地5-3-14KAVC内KAVCシアター
時間:15:00~20:00
作品時間:7分
料金:無料

詳細:
http://www.myspace.com/tomoyamatsuura

『星霧 -seimu-』
星霧とは星雲と同じ意味で、雲のように広がって見える天体。
散光星雲、暗黒星雲、惑星状星雲などに分類され、銀河系の円盤部の渦巻腕における星の誕生の場と深くかかわっていたりします。

誰もがそのような空間にいったことはなく、どのような空間なのかわかりはしない。また空間のイメージそのものに音楽といったイメージも存在しないが、その音像は、確かに空間を感じさせます。

本来空間知覚は、視覚、運動や平衡感覚、触覚、聴覚等いろいろな感覚器官が協働して空間を知覚しますが、
今回は暗室により視覚による知覚等をなくし、聴覚による空間知覚を主に、観客に空間を感じてもらいます。


スピーカー18個を使った立体音響での、音像空間の創出、
日常の聴空間にはない感覚により作り出された広大な空間、
それは、イメージとして空間を感じるだけですが、観客に実際にその場にいるような錯覚を起こさせます。

それは、音楽がもつ空間イメージといったものを越え、音楽によって作り出された新たな未知なる空間、
観客のイメージの中だけの世界ではなく、その音楽は、その瞬間、観客だけに実在する、この世界に新たに生まれた空間となる。
 

******************************

3日間のうち、私がお手伝いするのは真ん中の30日(土)です
かなりお勧めなので、お時間ある方は是非お越しください
そして、癒されてください

ちなみにmonocismさんの音源が聴けるのはこちらから↓
http://www.myspace.com/monocism



今日もありがとう。



                   伽音

|

« 巡る。 | トップページ | 想像損。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。