« 素敵なものイロイロ | トップページ | スウェーデン好き3人組の集い+スピッツライブ »

2009年1月24日 (土)

夏のような空、再会した言葉。

今日は、外に出たら雪が降っていてテンションがあがりました
雪を浴びながら歩いたけど、しばらくしたらやんだ


そして、夏みたいな空になったよ。
001 電車の中でも、通りを歩いてても、みんな寒いって言ってた
風は冷たかったけど、陽があたるとあったかいなぁと感じました



そんな今日は、お家の片付け
お母さんと物置状態になってるお部屋を少し片付けました。

そして、最近読めてなかった絵本が出てきたりで、今日はまたそれを読んでいました
Sn331367 これは『森の妖精ティタの旅』っていう絵本。
素敵なコトバがたくさんつまっています

こどもの絵本というよりは、おとなの絵本です。
ちょっと、ここでどんな素敵なコトバがあるか、一部でも紹介させてもらいたい気持ちはかなりと強いのですが、載せるのはよくないのかなぁとも思ってみたり
なので、どこかで見かけたら是非読んでみてください

改めて深く考えさせられたり
はっとさせられたり。

あぁ、またこの本に再会出来てよかったと思いました。


ポエムのような文章が、日本語と英語、両方で書かれています。
おもしろいなと思ったのは、母国語だし、理解しやすい日本語の方で感動することが勿論多いんだけど、日本語の方を読んで特に何も思わなかったものが英語で読むと素敵に感じたりすること
不思議です。
同じことを言ってても、言語が違うとなんだか違う。

ま、英語がペラペラだったのなら、また違うんだろうけど、伽音のちょっとだけの知識で読むと、そう思えました。

今日は、わりと急ぎ足で読んだので、今度じっくりと1ページ1ページ味わいたいと思います



明日はまた、とても楽しい再会と出会いがあるのです




今日もたくさんありがとう。




                                 伽音




|

« 素敵なものイロイロ | トップページ | スウェーデン好き3人組の集い+スピッツライブ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。