« 出発までの数時間。 | トップページ | Furil presents 『OTO no HA vol.01』 »

2009年1月10日 (土)

大阪から、来ました。

アップが遅れてごめんなさい
Furil presents 『OTO no HA vol.01』へお越し頂いたみなさん、どうもありがとうございました
おかげでとても楽しい夜になりました



さて。
一気に全部書いてしまうと、とても長くなってしまいそうなので、小分けにして数日かけて書こうと思います



『OTO no HA vol.01』前日の深夜、Soda組は東京へと向けて出発します
今回はレンタカーで。
メンバーは、コイズミくん、寺前くん、あおちゃん、フォトグラファーのシエンさん、Sucretteオクダさん、伽音の6人。
コイズミくんの最寄駅に寺前くんと伽音は集合して、あおちゃんは終電を途中で逃してしまったので(だけど、あおちゃんは50分間歩いたり走ったりして1駅こっちまで辿りついた)1駅向こうまで迎えに行きました。
その後、シエンさん、オクダさんの順に京都へ迎えに行き、全員集合
オクダさんを迎えに行ったら、寒いのに、お家の外でバットを持って仁王立ちで待ってたのが笑えました Dscf0410

そして、旅のはじまりです。
この雲、不思議だなぁと思って眺めていました
なんだか、
横に連なっているタイプの切り絵みたいというか。


楽器とか、荷物が多いので、真ん中にギターがどーーーんとあって、後ろが見えないのがちょっと怖いかなと思ったけど、みんな運転上手で安心して乗ってました

コイズミくん宅で作業しているときに、
『後で、コイズミセレクションのCD聴いてな。めっちゃいいから』みたいなコトを言われてて、その時聴かせてくれなかったんだけど、ご一緒させてもらったり仲良くして頂いたりしてる、色んなバンドさんの曲も入ってて、おもしろかった


途中、サービスエリアに何度か止まって、休憩
また、しょうが湯の粉を持っていって、お湯を注いで飲んだりしました

最初の休憩場所は年末と一緒のところだったんだけど、今回は松坂牛マンも、草もちソフトも食べないで(早朝で、お店はまだ閉まってました)、伊賀牛コロッケを食べたよ

朝ごはんを食べるのに止まったサービスエリアでは、大好きなおそばを。
ヘルシーなとろろごはんと一緒に
Dscf0411 かなりおなかいっぱいになった



今回も富士山がよく見えるところで休憩したし、寒かったけど、心配したお天気も大丈夫で、良かった



なんだかんだで朝の東京に到着
Zher the ZOOさんは午前中もイベントをしているようだったので、荷物を置かせてもらえないか、行ってみることにしました
そしたら、楽器くらいなら置いててもいいということで、ちょっと置かせてもらって、車がスッキリ

あおちゃんは予定があったので、そのまま代々木で分かれて、他のみんなで池袋へ


コイズミくんが、車があるし、駐車料金も高いので、どこか行きたいところがあったら行こうと言ってくれていたので、久しぶりにイルムス館へ行きたくって
オクダさん、シオンさんもついて来てくれました

目の保養になったぁー
ずっと前、お皿やカップ、クッションなんかを買っていて、今回も何かと思ってはいたんだけど、迷ったものはあるものの、結局何も買わずに出ました

そして中華料理のお店でお昼ゴハンを食べたんだけど、オクダさんとシエンさんのラーメンとチャーハンのセットが、おかしい程に量が多くて、まるでフードファイターを見ているようでした


それから、クレープを食べる寺前くんを連れて、今日泊まるホテルへ
新宿の、都庁の裏のホテルで、多分初めて近くから都庁を見ました
ちょっと早かったものの、チェックインさせてもらえて、荷物をそれぞれのお部屋へ

みんなは喫煙のお部屋(でもオクダさんとシエンさんはタバコ吸いません)で、伽音は禁煙のお部屋だったので、階が1人だけ違ったんだけど、荷物を置いて、ハミガキをしていると、清掃中の隣りのお部屋から、清掃係りのおばさんが咳き込みながら『オエッ』って言ってるのが聞こえてきて、色々想像してしまいました
お部屋は思ったより広くて、日当たりも心地よいかんじで、きれいだったし良かったです

寺前くんは別で泊まるのでロビーで待っててくれて、再びロビーに集合したら、またZher the ZOOさんへ向けて、車はホテルの駐車場に停めておいて、今度は歩きました

途中、忘れ物に気付いて、コイズミくんが行って帰って来るのを公園前で待っているとき。
Dscf0412 遊具で遊ぶメタル神、寺前くん。
小さな子供に混じって、遊んでました



そんなこんなで、中華で摂ったカロリーを消費しながら、代々木まで歩く5人なのでした




今日も読んでくれてありがとう。




                                伽音


|

« 出発までの数時間。 | トップページ | Furil presents 『OTO no HA vol.01』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。