« 商店街を歩く。 | トップページ | 夢のなかまで。 »

2008年12月 5日 (金)

ようちえんの思い出。

このところ、お昼間にカーディガンをはおって外へ出て、日向を歩いていると、とっても気持ちが良かった
太陽に背を向けて歩いていると、背中がぽかぽかとあったかくて、いい気分になるんです
ぼんやり、キョロキョロと景色を眺めながらちょっと散歩していたけど、今日は雨だったねぇ



帰り道、色づいた葉っぱが舗道に沢山落ちていて、なんだか中学校や高校の文化祭を思い出しました。
展示や模擬店って、それぞれ飾りつけをしたけど、色んな色の落ち葉が、その飾りつけみたいに見えて

そんなことを思いながら歩いてると、更に昔のことを思い出しました


それは幼稚園の頃。
年中さんのときだったと思う。

初めての文化祭?その頃は何って言ってたんだろう。。。
秋の展覧会?

ヤクルトの空の容器がたくさん用意されてて、先生が、
『これを使って虫を作って展示しましょう』
みたいなことを言ったんだけど、みんながひとつひとつ制作するには量が少ないなぁと思って、独り占めしないように、みんなの動きに注意を払いながらも、出来るだけ沢山の容器をキープ(小さいときからわりとこういう冷静なところがありました

そして作り始めて少し経った頃
伽音はカブトムシを作ってたんだけど、先生がみんなを止めて言いました。
『○○ちゃん(←伽音の本名)みたいに大きいのを作った方が、見に来てくれたお父さんお母さんもびっくりするから、1人1人で作るんじゃなくて、何人かで1つを作ろうか

そして、伽音は自分の作りかけだったカブトムシを、何人かのお友達と一緒に作ることになったんです
『○○ちゃん(←自分のこと)が最初に作りはじめたやつやねん
と、お父さんお母さんに自慢したい気分でいっぱいだった(言ったのかも知れないけど

今でもその時の教室の床のカンジとか、展示の日のわくわくとかをなんとなく覚えています
幼稚園の頃の、良い思い出のひとつでした





今日も読んでくれてありがとう。




                               伽音



|

« 商店街を歩く。 | トップページ | 夢のなかまで。 »

コメント

幼稚園の思い出ですかぁ…
運動会での苦い記憶が蘇りましたよー
かけっこで1番にゴールしたのは良かったんです。

ゴールの白テープが首の高さにあって、ゴールの瞬間に「ズリーッ!」って首を擦りました。首が真っ赤に腫れて、痛くて大泣きしましたよ大人がテープ持つと、まあそうなります

幼稚園では自慢できるような思い出はないので羨ましいデスネ

投稿: うーたん | 2008年12月 7日 (日) 00時54分

>うーたんさん
私も幼稚園の時、運動会のかけっこで、最初で最後の1等賞を獲ったことがありましたよ
それ以降は未だに獲れていませんが

確かにオトナが持つとテープの高さってきわどいところになりますね
でも、先生も『ズリー!』ってなるまで、きつく持っていなくても良かったのに
せっかくの1等賞だったのに、残念でしたね

投稿: 伽音 | 2008年12月 7日 (日) 01時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 商店街を歩く。 | トップページ | 夢のなかまで。 »