« うさぎさんを紹介します。 | トップページ | 寿命を知りたい? »

2008年10月31日 (金)

苦い手、辛い手

ここ最近、何かとアップが遅れがちでごめんなさい


今日は、通常通りに過ごしてみました。。。ごはんを食べられない以外は
寝込んでからは、食べられなくても、動きもしていなかったし、好きなときに水分(スープ)もとれるから、なんとかなってたんだけど、やっぱり通常通りの生活では、おなかが減って頭がぼぉっとしてしまいました


その反動で、帰ってから反対されるのも聞かず、お鍋をよく噛んで(←せめてもの気遣い)食べちゃった

 

 



・・・・ら、やっぱりダメでした

 

 



とにかく、来週頭までには治さないといけないので、明日は真面目に絶食します
スープも、極力とらないようにしようと思ったりと、反省


ごはんを食べてしまったせいで、おなかがずぅっと痛かったんだけど、
ベッドにもぐっていたら、『苦い手、辛い手』を思い出しました
思い出したんじゃなくて、もしかしたら耳には聞こえないコトバで、言われたのかも知れません。

小さいとき、いつもどこかが痛くなると、おばあちゃんが手でさすってくれました
その時に、
『おばあちゃんの苦い手 辛い手でさすったら 治れ治れ~~~エイッ
って、言ってくれるのです。
苦い手、辛い手、っていうのは、『良薬口に苦し』から来てるみたい。
だから、おばあちゃんの手は良く効くお薬なのです

で、その『苦い手、辛い手』をふと思い出したってコトは、もしかしたらおばあちゃんが心配して様子を見に来てくれたのかも知れないなぁと思って、心の中で『おばあちゃん、苦い手辛い手して』とお願いしました。
効いたのか、効かなかったのかは分からないけど、その後、知らないうちに眠ってました


 

おばあちゃんの火葬が終わってから来てくれた、まだ若いお坊さんのお話で、

神棚がお家の上の方にあるように、神様はいつも上の方から見てくれているけど、
人が亡くなってからなる仏さまは、仏壇がみなさんと同じ目の高さにあるように、いつもそばで見てくれています。

というようなことを言われたんだけど、
だから、きっとあれは本当に手でさすってくれてたんだろうと思います





今日もいっぱいありがとう。



                            伽音

|

« うさぎさんを紹介します。 | トップページ | 寿命を知りたい? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。