« お引越し。 | トップページ | ライブをはしご② »

2008年9月14日 (日)

ライブをはしご①

今日は、ライブをはしごしました



まず、コイズミくんの先輩がボーカルとギターを担当されている『水瓶』さんを観ようというコトで一緒に京都へ
せっかく京都に来たので、さっそくフィーカ
Sn331189 たくさん並んでいる飴屋さんの茶房の列に並んでいると、お店の方が飴をくれました
他にも、9月限定の名刺を配られたり、お写真を撮ってあげたり、うちわであおいでくれてたりと、細やかな心配りに感心させられました


が、水瓶さんのライブは16時からだったので、このまま並んでたら遅れてしまうってコトで列を離れました

Sn331190 ちょっと進んだところにもカフェがあって、リーズナブルだったしあまり並んでなかったので、そこに並んで、美味しくフィーカしてきました
手前が伽音の抹茶パフェです
寒天や、白玉がもっちもちで美味しかったぁ




ほっとしたところでお店を出て、すぐ前の八坂神社へ入りました。
急いで歩いて、円山公園内の音楽堂へ
円山公園に行ったのは、学生の時以来だった


そして始まった、伽音にとっては初☆水瓶さんライブ
いやいや、良かった


前々から、コイズミ氏オススメバンドのひとつとして、聴かせてもらってたバンドさんだったんだけど、曲もさることながら声が素晴らしいと思うのです

どこか物憂げな、だけど安心できるような、
まったりと、のびのびとした声。


アップライトのベースさんと、おしゃべりが楽しいドラムさんの3ピースバンドです。


音が鳴って、天井部に取り付けられているスピーカーの裏から鳩が飛んで始まった無料ワンマンライブだったんだけど、ずっと聴いていても本当に飽きない音でした


ステージの周りには大きな木や飛行機雲の残る空があって、そういうのもとっても良かった


途中、ボーカルさんのソロ曲を歌われた時、空を見たら波模様で、音や歌に合わせるように周りの木が揺れていて、時々おちていく葉っぱは、歌を聴いて喜んでいる木からのお礼のように思えて、なんでか分からないけど、ちょっと涙が出ました



始まったのが16時だったから、どんどん影が伸びて、風が涼しくなってきて。


ふと周りの人たちを見ると、散歩で通りかかったおじさんおばさんから、外国人旅行者、子供連れの家族などなど、みんなそれぞれリラックスして音に聴き入っていて、あかちゃんは気持ち良さそうに眠ってて、通路を挟んだ隣のベンチでは虫も座って聴き入っていました
Sn331193

木の葉っぱのこすれる音も、カラスの声も、セミの声も、甲高い鳥の声も、曲の合間に聞こえてくるんだけど、おもしろかったのはブレイクの合間にちょうど遠くの鐘の音が入ったコト
ちょっと、京都っぽいと思っちゃった



あとは、半ば過ぎあたりからかな?
あの辺の空が怪しいと思ってたところがあって、
やっぱりそこに虹が現れたとき、すごく嬉しくなりました
きれいなカタチの虹じゃなかったけど、一部だけが見えたような虹だったけど、なんだかとても良いものを観られた気がした



CD-Rがあると、コイズミくんから聞いていて、今日はそれを買おうと楽しみにしてたんだけど、物販がなかったので買えなかったのが心残り




あ、これだけでけっこう長くなっちゃったので、夜に行ったライブはまた明日に書こうかと思います




いやぁ、久しぶりに京都に行った




今日もありがとう。



                         伽音

|

« お引越し。 | トップページ | ライブをはしご② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。