« 訂正とお知らせ。・・・と、ももたろ | トップページ | 奈良へ行ってきたよ。 »

2008年3月 6日 (木)

とってもいい日。

今日、お昼間にスーパーへ行ったんですが。。。
例の枝に半分に切られたみかんが刺さってるところで、またメジロ氏に出会いました
今日は2羽も居た
帰りには、もっと大きくて、茶色っぽい何かしらの鳥が新しく加わってた


さて、そんなカンジで訪れたスーパーですが、いつも、入ったところに安いお菓子とかがまず置いてあります。
だけど、殆ど立ち止まらない伽音
今日もそのはずでした。

が、『えと思うものが目に入ってしまい。。。
一旦は中に入ったものの、再び出て行って手に取り、、、
眺めて・・・
『おもしろそう』と思って購入
Sn330788 おしるこだよー
それがビスケットにサンドされてるんだよー
どんなカンジなんだろー
と、ひとりワクワク

今日は夜に、松浦さんが久しぶりにmonocismさんではなくソロでライブをすることになってたので、おなか減ったら食べようと思い持って行きました
今日は、松浦さんの新たな試みの日だったので、だいぶ楽しみにして行った伽音。
松浦さんは始まる前から、『リハやったけど、あかんかった』とテンション下がり気味

なので、もしかしたら更にテンションを落とす危険性があるかもしれなかったけど、このおしるこサンドを1つあげました
特にリアクションはなく、そのままポッケにしまわれました

伽音も、おなか減ったので食べたけど、『なんだ普通だ』とガッカリ
もっとパンチの効いたものかと思ってたのになぁ~



で、今日の本題、松浦さんのライブ。
今まで観たコトのないライブでした
松浦さんの頭の中を披露してるみたいだった
本当にこの人は、いつも新しいアイデアが(しかも毎回素敵な)湧き出ているんだなぁと改めて感じました。

よくわかんないけど、サラウンド???っていうやつ。
松浦さんは終始、『部屋ではめっちゃいいねんけどなぁ』って残念がってたけど、いやいや、伽音はかなり大満足
真ん中に行くように言われてたので、最初から真ん中の席に座ってたんだけど、始まる前にMCで松浦さんがお客さんに『場所によって変わってくるので、もっと真ん中に寄ってください。前の人はもっと後ろに・・・』なんてカンジで、みんなを密集させました

『もっと前に来いよ』的なライブは観たコトがあったけど、もっと後ろに行くように言うライブを、伽音は初めて体験して斬新だと思って、ちょっと笑えました


で、肝心の音楽。
なんかね、パビリオンなんかでかかったら合いそうな音楽なんだけど。
最初は水族館に居るような気分になりました
普段聴く音楽や、Sodaでやってる音楽は、耳で聴く音楽だけど、今日のは耳から入ってるんだろうけど、耳で聴くんじゃなくて、感じる音楽だなぁとすごく思いました。

だから、身体のどこかでリズムをとったり、何かの音に聞き入ってしまうんじゃなく、例えば突然誰かに話しかけられた時の備えだとか、構え・・・うーーーん、、、伝わるかな
もっと分かりやすく言えば、例えばジャングルの動物たちは常に敵が来るかも知れないコトに気をつけていなくちゃいけないけど、そういうのをぜーんぶ取り払って、何にも備えず、何にも構えず、ココロを解放して、ゆだねて聴くべき音楽だと思いました

だから、最初はずっと観てた映像や松浦さんの姿、お客さんの姿を観ないことにして、目を閉じて身を任せていました。

なんだかねぇ、
暗い流れに身体を預けきった状態で漂っているみたいだった。
でも、怖いとか寂しいとかはなくて。
だけどあったかくもなく、寒いわけでもない。

流れの中を一人ぼっちで漂っているのに、落ち着いた気持ち。


暗闇だと思ってたけど、星みたいに小さな光がところどころにあるような、そんなカンジ。

毎日そんなコト考えもしないで生活してるけど、忘れられてても変わらず、常に地球は回っていることの偉大さや、宇宙の闇の不思議さみたいな、大きくて深いものを感じました。
本当に、とっても心地良かった
30分くらいあったらしいのに、長くても10分くらいだったんじゃないのっていうくらいに短かった
もっともっと、あの中に居たかったなぁ。。。

ゆやゆよんさんの、なかじーさんや、万華鏡のようこさんとコラボしてくれたら、とってもおもしろいだろうなぁって個人的に思ってしまいました
パビリオンの音楽の仕事したらいいのに、ってだいぶ思ったので、言ったら、『いつかパビリオン作りたい』って言ってた
夢がデカくて、すごい

終わってから、ちょっと感想伝えられる時間があったので、話してたら『わかってるやん』って何度も褒められたので、嬉しかったです
いつもあほ呼ばわりなので

むふふ
偉くなった気分



残念なのは、ココロをゆだねすぎて音に集中できてなかったからか、明確にメロディを覚えている部分がないこと
また、今日みたいなライブをやってくれるまで、思い出して楽しみたかったのに

だけど、心地良いヒトトキの幻のようで、だからこそ、伽音の中で余計に輝きだすのでした



そんなカンジで、電車に乗り込みSodaの新曲の歌詞覚えなきゃと1曲リピートをしながら帰って来て、改札を出て地上に出たら小雨

はっ

と、駆け出して駅員さんのところへ
『今、○○駅へ行った電車に傘忘れたんですっ』と

お隣の駅は終点なので、駅員さんはそこへ電話してくれました
しばらくして『それらしい傘があった』というお返事があり、駅員さんが『乗っていきー』と、改札を通してくれました

それで、また電車に揺られてお隣の駅長室まで行き、傘をもらって、地元駅に帰って来て、走って駅員さんの窓口へ行ったら誰も立ってなかったんだけど、頭を突っ込んでみたら、奥におじさんが居て『傘、ありましたぁありがとうございましたー』と報告
『はいはい、その端っこの改札出てなー』と、言ってくれました

地上に出たら、さっき降ってた雨が止んでました
心地良い空間に居られたことと、駅員さんが優しかったことが嬉しくて、自転車をとばしつつ、時々立ちこぎ
おてんば運転のせいで、後ろに横向きに刺してた傘がずり落ちてきて、引きずってしまいました

今日も、とってもいい日だった



今日もとってもとってもありがとう



                                  伽音 

|

« 訂正とお知らせ。・・・と、ももたろ | トップページ | 奈良へ行ってきたよ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。